2020年06月23日

シーサーと水牛のストラップ

 梅雨の晴れ間です。
風もなく暑い1日になりそうです。☼
 残り板で作る沖縄をイメージした
ストラップに挑戦しました。

浮き絵-045~~.jpg
 シーサーのストラップ

 板がたくさん残されていましたので
3~4cmの小さな作品を浮き絵で
焼き色だけで作ってみました。

浮き絵-016~~.jpg
 ふくろう

 前回にはふくろうの小さな作品に
俳句の文字を入れた作品を作り紹介しましたが
今回は水牛やハイビスカス

浮き絵-015.jpg
水牛

 沖縄の楽器に
南国の魚や貝も

浮き絵-009~~.jpg


 今回の小さな作品を
まとめて写真に

浮き絵-062~~.jpg
小さなキーホルダー

 今回の作品は色は塗らないで
焼き色のみの素朴な作品にしてみました。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★

記事へのコメントはこちらから(4)

2020年06月20日

清楚な香り梔子の花

 雨上がりの朝です。
朝露が蜘蛛の巣を芸術な作品に変えていました。☔
 庭の八重咲の梔子の花が
咲いてほのかな香りを放ち
梅雨の庭を穏やかな気持ちにさせてくれます。

梔子の花-003~~.jpg
 梔子の花に俳句

 挿し木で育てた梔子の花が
庭の4カ所に植ていますが
2ヶ所に花が咲いています。


160.jpg
梔子の花の蕾

 梔子の花は優雅で清楚な女性のイメージです。

花 梔子~.jpg
梔子の花


 梔子の花言葉
「とても幸せです」「喜びを運ぶ」
「洗練」「優雅」「とても幸せです」

 アメリカでは女性をダンスパーティーに誘うときに
クチナシの花を贈ることから
誘われた女性の気持ちを表しているともいわれます。
「喜びを運ぶ」の花言葉は
クチナシの花がよい香りを放つことにちなみます。

 しろ い.jpg
梔子の花

 香りを漂わせる花が好きで
季節ごとに花が咲いて心を癒してくれます。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★

記事へのコメントはこちらから(10)

2020年06月18日

和風キルト”かぐや姫”

 梅雨に入り今にも降り出しそうな空模様です。
今朝も自然を感じながら小鳥のさえずりに
満開の藍色の朝顔に癒されました。
 今日は和風キルトの作品
”かぐや姫”です。

式部-012.jpg
 和風キルトかぐや姫

 今年に入り
和風キルトの作品ですが
裁縫上手に花魁に今回の
十二単衣の”かぐや姫”の
作品で3点めです。

 着物柄の生地が好きで
数枚ある生地から赤い梅に
傘の柄を選びました。
赤にピンクに緑に青
黄色に紫など使い描いています。

 顔を隠すように
レースの扇子を使っています。

押し花絵-054~~.jpg
和風キルト”かぐや姫”

 黒髪は刺繍で髪の流れを
表現しています。

 十二単(じゅうにひとえ)、または十二単衣は
平安時代後期に成立した公家女子の正装です。

 かぐや姫
むかし、おじいさんは、竹林でひかる竹をみつけ、切ってみると
中には小さな女の子がいました。
おじいさんと、おばあさんには、この女の子を、かぐやひめと
名付けて大切に育てました。
 やがてかぐや姫は月に想いをはせる 大勢の人たちに愛され
慕われたかぐや姫は結局、月の世界に帰ってしまいます。

サイズ
縦 90cm
横 120cm
 和風キルトの作品です。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★

記事へのコメントはこちらから(10)